男の人

AGAで薄毛サヨナラ|脱コンプレックスを目指して

髪の毛を増やすには

育毛サイクル

髪の毛を植える方法

髪の毛がまったく生えてこなくなってしまった場合の治療方法として植毛があります。植毛は人工毛を植え込むものと、自毛の細胞を採取して移植するものの2種類があります。人工毛を植え込む方法は拒否反応などのリスクが高いため日本国内ではあまり行われておらず、現在の主流は、自毛の細胞を採取して移植する自毛植毛が一般的です。自毛植毛では、正常な細胞を移植するので、継続的に髪の毛を生やすことができるのが最大のメリットといえます。近年の自毛植毛では定着率は90%を超えているため、まったく生えてこないといったリスクはありませんが、継続的に生やすためにはアフターケアが重要になります。

治療法の向上

植毛は人工毛にしても自毛にしても外科的な処置が伴う医療行為になります。また見た目を良くする美容という考えで行なわれるので、健康保険も適用されず高額な費用を負担することになります。一方で髪の毛に関する悩みは世界共通であり需要の高い分野であるため、日々治療法は進化し向上しています。以前の自毛植毛では皮膚の一部を切除して毛を生やすために必要な細胞を採取していましたが、現在では、直接細胞を採取することが可能になり大きな傷跡を残さすに植毛を行うことが可能になっています。また定着率も向上しており、まったく毛が生えてこないといった完全に失敗するリスクはほとんどありません。また近年では人工多能性幹細胞を用いた毛髪再生技術の研究も進んでおり元になる細胞を採取せずに植毛を行える可能性もあります。