男の人

AGAで薄毛サヨナラ|脱コンプレックスを目指して

薄毛は治療できます

医者

若い人でも薄毛になります

薄毛は中高年以上の男性がなるものと思われがちですが、早い人では10代の後半から兆候が見られるようになります。薄毛の兆候にはいくつかのポイントがありますが、なかでも額の両サイドの毛が細くなったり頭頂部の地肌が透けて見えるような感じになってきたときには年齢にかかわらず注意が必要です。一口に薄毛と言っても様々な種類がありますが、男性の薄毛で最も多いとされているのがAGAとよばれるタイプです。AGAは男性型脱毛症ともよばれ、成人男性の3人に1人は発症するとされています。AGAで髪が薄くなるのは、男性ホルモンがジヒドロテストステロンと呼ばれる物質へと変化し髪の健全な育成を阻害するようになるからだとされています。

早めの治療が効果的です

以前までは難しいとされていた薄毛治療ではありますが、最近ではフィナステリドとよばれる薬で治療できるようになってきました。フィナステリドには男性ホルモンがジヒドロテストステロンへと変化するのを阻害する効果があります。その効果により髪のヘアサイクルを改善し、再び太くて長い髪が生えるようにヘアバランスを改善することができるようになるのです。薄毛治療は皮膚科で受けることができます。皮膚科では血液検査や頭皮のチェックによる診察を行い治療を行っています。薄毛治療は薄毛の原因によっても異なるので、まずは皮膚科で診察を受けてみるようにしましょう。薄毛治療は早期に開始するほど高い改善効果が期待できます。薄毛の症状がみられるようになった方は皮膚科で相談するようにしましょう。